安全なエレベーターとは

SAFE ELEVATOR

安全なエレベーターとは、

定期的に点検・検査を実施し、
きめ細やかなメンテンナスが行き届いているエレベーターです。

ご挨拶

エレベーターは昔に比べ、技術の向上により、故障する頻度も事故の確率も少なくなってきています。
しかし、毎日利用していく中で、ワイヤーや制御機器などは消耗していきます。
急な故障により、お怪我や日常利用ができなくなる前に、法に則った年に1回の検査ではなく、
定期的に点検、清掃やお手入れやパーツ交換をする必要があります。
安心・安全に利用してもらうために、きめ細やかなメンテンナスを行うために保守契約をお勧めいたします。
私たち日本綜合エレベーター有限会社は、メーカーに属さない独立系メンテンナス会社です。
単独のメーカーだけではなく、様々なメーカーの違いをしっているからこそ、無駄のない整備を行い、質とコスト削減を実現することが可能です。 

取締役社長 廣田 交計

点検保守・定期検査の必要性

点検・保守について

建築基準法第8条で「建築物の所有者、管理者又は占有者は、その建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならない」と定められており、これを実現する方法として財団法人日本建築設備・昇降機センターより、「昇降機の維持及び運行の管理に関する指針」が出されています。
その中で、「所有者等は、昇降機の維持及び運行の安全を確保するため、使用頻度等に応じて専門技術者に、おおむね1月以内ごとに、点検その他必要な整備又は補修を行わせるものとする」と明記されており、また、保守点検及び定期検査の記録は3年間の保管が必要とされています。

以下記載の「定期検査」において、「要重点点検」と判定された項目については、「次回の定期検査までに「要是正」に至るおそれが高い状態であり、所有者等に対し日常の保守点検において重点的に点検するとともに、「要是正」の状態に至った場合は速やかに対応することを促すもの」とされており、これへの対応としても保守点検が重要です。

定期検査について

建築基準法第12条により実施が定められています。また、検査者についても、一級建築士若しくは二級建築士又は昇降機検査資格者と定められています。
検査の項目、方法及び判定基準については、平成20年国土交通省告示第283号により定められています。 検査者が前回の検査結果を確認できるように、検査結果の保管が必要です。

長期にわたる快適性能は、専門技術者の適切な保守点検で保たれます。

高度で広範な専門知識を持った専門技術者による、定期的かつ適切な保守点検を行うことによって、性能の維持及び運行の安全を確保することができます。保守点検は、さまざまな情報を集めた上で信頼のできる保守会社を選んでください。


エレベーターを安全・快適に ご利用いただくために

エレベーター・エスカレーターは安全のため、必要な維持保全のもとに管理されるよう、法律で定められています。適切な管理、そして保守点検・定期検査が、毎日の安全・快適な運行に不可欠です。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

大切な情報をご紹介

エレベーター&エスカレーターは便利な乗り物である一方で、利用される方々の誤ったご利用方法によって故障や事故が起きているという実態も見逃せません。
残念なことに、ここ最近、エレベーター&エスカレーターに関する事故は年少者に集中しているという調査結果がでております。 エレベーターを管理・利用される方に、安全に正しくお使いいただくため、ご利用上の注意、日常点検の仕方、清掃の仕方等についてご紹介いたします。

エレベーターを所有・管理する皆様へ

・記載事項をお守り頂き、安全&快適にご利用ください。

❶定期保守点検と定期検査を受けてください。

受けないと、異常が早期に発見できず、事故・故障の原因となります。定期検査と定期保守点検については、弊社にご相談下さい。 [定期検査をするには国家資格(昇降機検査資格者)が必要です。]定期検査は年に1回

❷日常点検をしてください。

日常点検をしないと異常が発見できず、事故・故障の原因となります。

❸修理・改造・分解しないでください。

感電・けが・故障の原因となります。故障のときは弊社にご連絡ください。

❹制御盤および点検口 (煙感知器以外) は、保守サービス会社の専門技術者以外は開けないでください。

感電・けが・故障の原因となります。故障のときは当社にご連絡ください。

0532-32-6232

※365日24時間対応いたします。

❺床掃除のときなどに昇降路に水を流し込まないでください。

昇降路内の機器にゴミが混入したり、水がかかると故障の原因になります。水が溜まっている場合は、直ちに使用を中止し、保守サービス会社に連絡してください。

日本綜合エレベーターの特長・強み

24時間365日対応可能

創業以来、『地域密着と素早い対応』をモットーに、愛知県三河地方を中心に業務を行っている日本綜合エレベーター。24時間365日休むことなく動き続けるエレベーターに対して常時監視を行っています。また、故障などのトラブル発生時にも、専門の技術者が迅速かつ丁寧に対応いたします。

遠隔監視システムの導入

居住者様、マンション管理組合、賃貸物件のオーナー様にとって、ランニングコストを削減することは大きなメリットです。当社では、メーカー系や独立系他社より遠隔監視システムを導入することにより、管理コストの削減に貢献します。

全国内主要メーカー対応可能

エレベーター、小荷物専用昇降機など各種昇降機の点検・保守・修理から定期検査、リニューアルまで全て対応可能です。「こういう昇降機のメンテナンスでも対応してもらえるのだろうか…」とお悩みのお客様は、お気軽にお問い合わせください。

業務案内

BUSINESS GUIDE

  • 保守

    点検・保守

  • 定期検査

    定期検査

  • リニューアル

    リニューアル

対応エリア
  • 豊橋市
  • 豊川市
  • 岡崎市
  • 蒲郡市
  • 刈谷市
  • 安城市
  • 田原市
  • 幸田町
  • 知立市
  • 豊田市
  • 湖西市
  • 浜松市
求人バナー

〒441-8013 愛知県豊橋市花田一番町56番地の2 安井ビル3F

通常窓口/平日9:00~17:00

0532-34-1256

24時間365日緊急連絡先

0532-32-6232